青春ド真中!
ドラマ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話
ロケ地 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話
■2話

01.勉強という命題から逃げない
02.有沢健太と松本元を配置した
03.裸の女とエッチ度テスト
04.有沢の正体に迫る
05.松本の怒り
06.あれる松本・もとに戻る有沢
07.家庭環境をみせないつくり
08.そしてバクダンは
09.そして有沢は
10.そして平先生たちは



10.さらに平先生・萌子先生のとった行動は

 平先生(秋野太作)の口癖は、「お前がはりきると俺の立場が悪くなる」です。この言葉を額面通り受け取ると保身の固まりのような人間ですが、内心は違うことは、2話で平先生(秋野太作)のとった行動で、よくわかります。平先生は、平先生なりにバクダンのことをよく心配しているのですね。

 心配して、松本元とバクダンの接触を邪魔し、それがばれると、授業中だろうが何だろうがとっくみあいの喧嘩をしました。このシーンは、BGMもあわせて、まさに『俺たちの旅』そのものでした。『青春ド真中』は、『俺たちの旅』の挿入BGMが、かなり活躍しています。

 それはともかく萌子先生(あべ静江)の反応です。
 萌子先生は、落ち込むバクダンに、こう語りかけます。

「私も、先生みたいに張り切ったことがあったわ」
「え?」
「でも、一人の生徒を相手にするってことは、結局、社会そのものを相手にするってことになるんです」
「・・・・」
「生徒はそれぞれ、結局、社会の歪みを背負わされて生きているようなものなんですもの」
「・・・・」
「一人の教師の熱意だけじゃ、どうしようもない問題だって」
「俺も今度はそれが身に染みてわかりましたよ。でも、寂しいすね」

 どうやら萌子先生は、平先生と同じ考えの持ち主のようです。教育問題は、社会問題であるという考えの持ち主のようですね。バクダンの思想とは、180度正反対です。

 バクダンは、「学校は楽しいところではないのか?」と言い切りました。「楽しいところじゃなかったら、もっと楽しいところにしようとは思わないのか?」と訴えかけました。つまりバクダンは、教育を社会の問題とは、とらえずに個人の問題ととらえているのです。

 これは、良い悪いの問題ではなく、学校に対して受け身であるか、そうでないかの問題です。教育を社会の問題にすれば、問題は簡単です。しかし、それでは、面白くない現状をそのまま受け取るしかないわけです。高杉晋作ではないですが、『面白くもない世の中を面白くする(高杉晋作・辞世の句)』のは、個人の問題であって、決して社会の問題ではないからです。だからバクダンは

「でも、寂しいすね」

と走り去っていったんだと思います。残念ながら2話のバクダンは、いいところ無しで、萌子先生にも言われっぱなしでしたが、しかし、バクダンは、3話・4話と回を重ねるうちに、萌子先生にも、きちんと反論できるようになってきます。

 まあ、それはともかくとして、萌子先生は、さすがにバクダンが哀れと思ったのか、バクダンに助け船をだしました。松本元に、「勉強したら何でも言うことをきいてあげる」と人参をぶらさげてやったのです。この人参は、松本元に勉強のやる気をださせるとともに、もう怒ってないというメッセージも含まれていたのかもしれません。

 それにしても、恐るべし萌子先生! しかし、萌子先生の本当の恐ろしさは、エンディングをみないとわかりません。見てない人は、ぜひ見てみましょう! 萌子先生の恐ろしさがわかります。さて、バクダンの運命はいかに。