青春ド真中!
ドラマ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話
ロケ地 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話
■3話

01.お笑い満載オープニング
02.小森先生(神田正輝)とは?
03.なぐられた島田そして宮本
04.教頭の一合升理論
05.バクダンの一合升理論
06.特別教室を断る小森先生
07.島田とバクダン
08.小森先生の悩み
09.恐ろしき萌子先生
10.総評(4話への前置き)

3.なぐられた島田そして宮本

 小森先生(神田正輝)は、バクダンとは考えが違うくせに、バクダンの「学校は楽しいところ」という主義に手を貸していました。

 バクダンが赴任する前までの修学院高校の中で一番、学校を面白くしていたのが、小森先生であったからです。真面目で、ふざけたことが大嫌いな小森先生が、どういうわけか学校を一番面白くする存在であったわけですね。

 しかしです。

 この3話では、学校を一番面白くする存在であった小森先生が、ちょっと洒落になってない失敗をやらかすんですね。ふざけてばかりいた、落ちこぼれグループを切り捨て、まじめな優等生ばかりをかわいがり、その結果、ひねくれて悪戯してしまった島田真理(根本きよみ)に暴力をふるってしまったんですね。



 その結果、島田真理(根本きよみ)は、学校が面白くなくなってしまった。学校に自分の居場所を失ってしまったのです。

 島田真理(根本きよみ)、林美果(藤谷美和子)、秋本千恵(森さとみ)、西本早苗(小松蓉子)の4人は、面白くない学校を、小森先生(神田正輝)をからかうことによって面白く生きていました。それはバクダンがくる以前から面白く生きていた。いや、小森先生(神田正輝)によって、生かされていた。

 ところが、その小森先生に二度にわたって暴力をふるわれ、学校に来るなと罵られたけっか、完全に学校に居場所をうしなってしまったのです。そして、居場所を失った島田真理(根本きよみ)は、自分の居場所を求めて、夜の町をさまようしかなかった。夜の町には、たしかに島田真理の居場所があったからです。

 しかし、その居場所に行くことを邪魔した男がいました。バクダンでした。バクダンは、教師生命ひきかえに、島田真理の行こうとしていた居場所をブロックしたのです。バクダンは、島田真理の居場所を学校にもってきたかったんでしょうね。