青春ド真中!
ドラマ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話
ロケ地 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話
■3話

01.お笑い満載オープニング
02.小森先生(神田正輝)とは?
03.なぐられた島田そして宮本
04.教頭の一合升理論
05.バクダンの一合升理論
06.特別教室を断る小森先生
07.島田とバクダン
08.小森先生の悩み
09.恐ろしき萌子先生
10.総評(4話への前置き)



6.特別教室を断る小森先生

 さて、小森先生(神田正輝)についです。小森先生(神田正輝)は、バクダンの企画した特別教室を手伝うのを拒否しました。理由は、いつもふざけている女生徒を相手になんかできないということでした。小森先生の眼中には、真面目な生徒しか写ってなかったのでした。

 学校は真面目に勉強するところ。
 これは小森先生の持論です。

 学校は楽しいところ。
 これはバクダンの持論です。

 両者は、相対立する理念をもっていたのですが、皮肉なことにバクダンが赴任してくるまでは、小森先生のキャラこそが修学院高校を一番面白くするのに役立っていました。そして、学校を面白くしようとするバクダンが、逆に落ちこぼれ生徒たちに、真面目に勉強を教えようとしていて、逆に小森先生がそれを拒否しているのです。

 逆説になりますが、学校を面白くするには、面白くもない勉強を面白くしなければならないし、生徒たちを真面目に勉強させるためには、学校を面白くしないと駄目だということですね。そして、3話では、バクダンはまだ面白い勉強というものを発見してないし、小森先生も、ふざけてばかりいる落ちこぼれ女生徒を真面目にさせる方法をみつけてないわけです。

 そういう中で、一つの事件がおこりました。

 小森先生が、ふざけてばかりいる落ちこぼれ女生徒の島田真理(根本きよみ)に暴力をふるい、島田真理を傷つけてしまったのです。その結果、島田真理(根本きよみ)は、学校にこれなくなった。学校に自分の居場所を失ってしまったのです。

 島田真理(根本きよみ)、林美果(藤谷美和子)、秋本千恵(森さとみ)、西本早苗(小松蓉子)の4人は、面白くない学校を、小森先生(神田正輝)をからかうことによって面白く生きていました。それはバクダンがくる以前から面白く生きていた。いや、小森先生(神田正輝)によって、生かされていた。

 ところが、その小森先生に暴力をふるわれ、学校に来るなと罵られ、学校に居場所をうしなってしまった。居場所を失った島田真理は、自分の居場所を求めて、夜の町をさまようしかなかった。夜の町には、たしかに島田真理の居場所があった。

 問題は、その時にとった行動です。バクダンは、教師を首になってまで島田真理(根本きよみ)を学校につれもどそうとした。ところが、小森先生はなにもしなかった。何もしなかった故に小森先生は悩んだ。というか小森先生は、何もしなかったのではなく、何も出来なかったのかもしれません。